30代大卒向けの転職情報を探すなら

大卒30代で転職をお考えの方へ!

→人気ランキングを見る!

一般的に転職のタイミングとして多く挙げられるのは、20代後半です。30代になると、未経験業種への転職が難しくなります。それは、上司になる人が自分よりも年下だったという気まずい職場環境が予想されることや、これから育てる20代と違って、30代であれば知識と経験を持った即戦力を求められるからです。では、30代になると未経験業種に転職できないのかと言えばそうではありません。

未経験の30代を欲しがる業種といえば、マネジメント系、外資系、金融系、人材系、保険系などがあげられます。なぜこういった職種で30代の未経験者が求められるのでしょうか?

例えば外資系企業の場合、語学力や知識力が必須になるというのは多くの人がご存じのところではありますが、それと共に、ある程度の人間としての成熟を求めていることがあります。どういうことかというと、日本のビジネスマナーをマスターしていることや、ある分野に特化してコネクションを持っているということです。取引においては信頼が最も必要であることから、紹介や推薦が重視されるからです。したがって、知識や語学力のある30代を中心に採用する幅がある、というのが外資系の特徴になります。ただ、外資系の場合は、多国籍の社員が在籍していることから、自ら積極的に話しかけることができることや、会議でも自分の意見を遠慮せずに話すことができることが求められるので、先駆者的性格の人が向いている職業であると言えます。

また、マネジメント系の場合、職種の経験よりも管理能力を重視されることがあります。そもそもマネジメントとは、ビジネス上の資産・リスクを管理して、経営を良い方向にもっていく方法のことです。例えば、経営コンサルティングや顧問弁護士、店舗経営などです。したがって、人材育成もマネジメントの職業と言えるでしょう。そういったことを踏まえると、マネジメント系の職業は、社会経験のない新卒よりも、中間の立場になったことのある人を求めていることになります。ただ、マネジメント系の職業は、先見の明や、人材を育てる力が必要となるので、人と関わることや、様々な見識を吸収するための勉強が苦手な人にとっては、不向きの職業であると言えます。

30代の転職は、幅が狭まる分、これまでの知識や経験が最大のアピールポイントとなります。ということは、ある分野に特化していれば、同業かどうかに関わらず、ありがたがられるということもあるわけです。これまで何を勉強してきたのか、これまで何を培ってきたのかを語れる30代大卒であれば、大いに可能性の広げることのできる年代であると言えます。

大卒30代の転職ならエージェント利用がオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社インテリジェンス