大卒で東京での転職をお考えの方へ!

東京で大卒向けの転職情報を探すなら!

→人気ランキングを見る!

東京で大卒の募集している企業は、数えきれないほどあります。そんな中でも東京ならではの職業といえば、出版業界です。地方でも地方雑誌を出版する出版社があったり、書籍を出版する新聞社があったりしますが、出版の中心は圧倒的に東京です。

地方の出版社に就職したけれど、やはり東京の出版社に就職したいと考えた時、それは実現可能なのでしょうか。その答えは可能です。しかも、大卒と出版業界経験者を求めている出版社さえあります。

では、未経験者の場合はどうでしょう。それは、その出版社の職種によって異なります。まず、出版社の職種は大きくわけて3つあります。それは、営業、編集、事務です。

営業の場合、未経験でも就職するチャンスがあります。出版社の営業相手は、主に本を取り扱ってもらう書店です。一般的な営業と同じように、たくさんの商品を置いてもらえるように、アピールします。しかし、一点だけ違うのは、企画力が必要ということです。それは、本を売るためのフェアを提案する必要があるからです。例えば、夏に読みたい本10選などのフェアです。また、営業は現場を知っていることから、編集にこういう本が売れているという提案をするのも営業の仕事です。

編集の場合、未経験での転職は、25歳以下でないと厳しいという傾向があります。本や雑誌を作り出すという仕事の性質上、未経験だと難しいところがあるからです。編集の新卒の募集さえ行っていないという出版社さえあります。しかし、未経験には全く門扉が閉ざされているというわけではないので、未経験の自分でも通用するところを訴えることが重要です。また、編集の仕事では、編集技術だけでなく、コスト意識や人を動かす能力に長けている必要があります。それは、刊行物を出版するには、赤字になってしまう計画で刊行してはいけませんし、著者やデザイナーに期限通りに書きあげてもらわなければならないからです。

事務の場合、一般的な事務と変わりません。他の事務募集と同様、経験者優遇や、簿記有資格者などの条件があるところもあります。

出版業界への転職で一番大切なことは、志望先の出版物を読んで研究しておくことです。これは、未経験でも経験者でも必須事項です。面接や論文試験でその出版社のベストセラーについて聞かれたり、どうすればもっとより良い出版物を刊行できるかについて探求しているかを見られていたりします。飽くなき出版物への愛こそが、出版社への門扉を開く鍵となります。

東京での転職ならエージェント利用がオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社インテリジェンス