大卒で大阪での転職をお考えの方へ!

大阪で大卒向けの転職情報を探すなら!

→人気ランキングを見る!

大卒の転職を大阪市で目指すなら、医療機器メーカーがおすすめです。中でも病院の多い都市部では、医療機器メーカーの営業職を多く募集しています。

医療機器営業は「Sales Representative」を略して「SR」とも呼ばれ、医療関係者に対して最新の医療機器の情報や使用方法、特徴を説明して契約をとる仕事です。営業という仕事柄、その医療機器メーカーの顔となるので、勉強熱心な医師や看護師らと対等に話をするためにも、担当医療機器のスペシャリストであることが求められます。

SRの仕事は、大きく分けると2つの側面をもちます。

1つは、医療に携わる1人となることです。医療の現場において、医療機器は正しく使うことによって初めて、その効果を発揮します。なので、担当医療機器のスペシャリストであるSRは、使用方法の説明だけでなく、臨床現場に携わることもしばしばです。担当医療機器のデモンストレーションや、手術の現場に立ち会うこともあります。したがって、医療業界に携わる一人として、医療に貢献していることを実感することができます。

もう1つは、売り手としての側面です。医療機器といっても、超音波診断装置といった数千万円するものから、採血管といった数十円ほどの消耗品まで、その種類は様々です。大型の医療機器の提案では、その必要性などの説明を慎重になることはもちろんのこと、消耗品でも情報提供を怠らないことが必要になります。

SRが扱っている医療機器は、医療従事者によって実際に現場で使われるものとなります。したがって、SRには医療機器を売りまくるということよりも、強い使命感や倫理観が求められます。また、そういった誠実な態度が、医療従事者からの信頼をえることとなり、業績にもつながります。

医療機器業界の営業活動は、製薬業界の営業活動と同じく、厳格なルールがあります。これは、医療機器が実際に人の命に係わる商品であるからです。そのことから、医療機器メーカーが医療機器の取引に際して不当な取引を誘引する景品等の提供をすることが禁止されています。

医療機器メーカーの営業は高い専門性が求められる分、やりがいを強く感じる職業の一つです。また、これからの高齢社会において、医療業界の拡大は間違いなく、これからのニーズが高まる職業です。特に大阪市などの都市では、老人施設が格段に増えており、そこで使われる医療機器もあることから、仕事の幅がまだまだ広がっていく職業であると言えます。

大阪での転職ならエージェント利用がオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社インテリジェンス